Create us pleasant life ‘‘私たちは快適な生活を創造します’’

 

法人名を考えている時に

 

  (代)「自分たちは何か創造していくことをしたいよね?」と役員と話していました。

(代)「何を創造していこうか?」

(役)「自分たちで快適な空間、快適な生活を創造するとワクワクしませんか?」

(代)「それであれば、共に働く社員、デイを利用する児童、そのご家族様にも快適な生活を創造してもらおう!」

(役)「それがいい!」という結論に至りました。

 

誰かに、自分自身の人生を任せるのではなく、自己決定により快適な生活を創り出す。法人名に恥じないよう、この想いを大切にしていきたいと思っております。

 

 

Bridge ‘‘架け橋『親と子・社会との架け橋』’’

 

デイを利用する子どもたちは、自分の意志を相手にうまく伝える事が苦手なように感じます。

しかし、言語以外の方法を使い、コミュニケートしようとしています。

コミュニケーションが上手く伝えられなかったり、伝わらない事により、社会から認知されない状況があると思います。

保護者の方が抱えておられる不安や問題を少しでも解消し、家族みんなが笑顔で過ごせるように繋いでいきたい!

また、地域の方々へ子どもたちの特性を知っていただき、少しでも良い環境創りを出来るよう繋ぎたい!

Bridgeは、そのような場所となればという想いがこもっております。

ダウンロード
R3年3月事業所(職員)における自己評価結果.pdf
PDFファイル 1.0 MB
ダウンロード
R3年3月保護者からの事業所評価の集計結果.pdf
PDFファイル 494.0 KB